MUPカレッジ

竹花貴騎による会員数日本第2位のオンラインスクール。『社会人のための学校』をコンセプトに、明日からでも使える地に足のついたビジネススキルを発信しています。イベント開催も多く、学びに集まる熱量ある生徒同士でのリアルな交流も盛んです。

現在入会中の人数/うさぎさんクラス(5,600人越え)ぞうさんクラス(21,300人越え)

このサロンはFacebookグループで運営しています

​うさぎさんクラス

5621名

8980円/月

​ぞうさんクラス

21300名

完全無料

全ての”学び狂いたい”人の為に門戸を開いています。

MUP新アプリのアップデートにあたって、例えばスキルや職業、地域などを選択して「こんなことやりたい!」「こんな人探してる!」をボタン一つでMUP内で仕事の受注や、転職、またはフリーランスとしての活動を活発化させられるようなプラットフォームをを開発中です。例えばカメラマンを大阪で探しています!という人に対してMUPでカメラマンが直接連絡が取れたりするようなプラットフォームです。この仕組みでMUP生の成長は超加速します。

No2 うさぎ内経営

もともと竹花が公言していた通り、MUPをやるメリットは株式会社の設立です。そして皆さんが株主になり経営者や投資家になることです。ではこれはどのようにしていくのでしょうか。皆さんから毎月もらっている8,980円の利益を竹花の判断で投資して大きく育てます。そして、その利益はMUPの皆さんの配当に変わるんです。すごく簡単にいうと、学んだことを実行(インプットをアウトプット)する人が多ければ多いほど売上は上がり、皆さんの配当は上がります。そして実行する人を全力で他のメンバーが支援することで、さらに売上は上がり配当も上がります。

​地域別で見たうさぎメンバーは以下の通りです。東京がやはり1番多いですが、関西エリアにも沢山のうさぎ生徒がいることが分かります。イベントの実施やMUPカフェも東京にあることですし、地方で自発的にオフ会を開いていくと盛り上がりは増すと思います。

MUP全体は半々に近い割合で女性が参加していますが、男女比を見るとウサギは男性が多い傾向です。もっと女性に積極手に参加していただくために、女子会などのイベントも企画しているので、チェックしてみてくださいね!

MUPで『社会人のための学校』謳っているだけあって、割合としては会社員が圧倒的に多くなっています。また学びに投資できる学生が多いこともとても魅力的です。普段は関わる機会がないような経営者さんも沢山いるので、MUPラウンジのイベントなどで是非交流しましょう。

ウサギクラスが開校した初期は、ほとんどの方が竹花のインスタ経由でMUPに参加して、後にウサギに参加するという段階を踏んでいました。しかし最近はYouTubeを見て、ぞうさんを飛ばして直接ウサギに入学する人が多い印象です。

ウサギクラス初期のまだメンバーが少なかった時からいた生徒さん達は、お互いの顔に見覚えがあるでしょう。しかしYouTube戦略が火を吹いた年末あたりが、ウサギクラス急成長のピークです。まだ数十人しかいなかった時が懐かしいですね(笑)

うさぎクラスは契約期間がないので、毎月継続するかどうかの判断が可能です。95%を超える継続率を誇るのはそれだけコンテンツに満足していただけているということでしょうか。これだけ学べる環境はMUP意外にはありません。

うさぎクラスに入るとWEEKLY配信動画やMUP-TVに加えて、うさぎ限定のLIVE配信BARがあります。水曜日のライブと比較してレベルが高く、自由度も高い内容です。竹花が『神回』と語る内容に人気が集まっていますね。皆さんからの『これを学びたい!』も待っています。

ほとんど方が動画を複数回見返してくださっているようです。復讐とアウトプットが最強のインプットとなります。竹花と同じような説明が自分の言葉でできるようになっていれば、相当なビジネススキルが付いてきています。

​昨年はうさぎクラスのメンバー限定でゲリラ的なオフ会が開かれました。3日前の告知にも関わらず、航空券を手配して参加された方には脱帽です。参加したうさぎメンバーは、LIM香港支社のMDSで投資のプロととても濃い時間が過ごせたようです。

「何かを変えたい」「学ぼうとは思ってる」「でもお金も時間もない」

​じゃあ、お金も時間もいらない。だからMUPは言い訳ができない環境。

MUP生なら1度は聞いたことであろう『アウトプットまでがインプット』という竹花の言葉。実際にどんなクオリティの高いインプットをしても、アウトプットをしなければそれは学んだふりです。うさぎクラスでは実際にブログでMUPのアウトプットを図る方もいます。

MUPに参加している理由は人それぞれだと思いますが、学びにはゴールも置いておくべきです。ここで学んだことをどの分野に生かしたいのか、またどんな夢を持って学んでいるのか。ビジョンのある方は成長角度も高いです。実際に竹花に事業計画書を提出して、ビジネスを始めている方も続々と出てきています。

竹花貴騎公式ページについて

運営は香港法人MDS社が行います。
その他コミュニティ管理については各コミュニティにて
定める規約をご確認ください。

© All right reserved by Lim Inc. & 竹花財団

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon