【検討者向け】海外法人設立と銀行口座開設の流れ

最終更新: 11月6日


このフォーラムでは、以下の内容を記載します。 ❶海外法人設立と銀行口座開設の流れ(サービスの流れ) 上記の内容を7つのステップで記載します。 【STEP1】事前準備が必要なもの 【STEP2】お問い合わせ 【STEP3】現地担当者と打ち合わせ 【STEP4】海外法人設立 【STEP5】銀行口座開設申込 【STEP6】現地にて面談 【STEP7】海外法人設立&銀行口座設立完了

【STEP1】事前に準備が必要なもの 海外法人設立をご希望の場合は、以下の情報をご準備してからお問い合わせください。 ・お名前、会社名(法人様の場合) ・ご担当者名(法人様の場合) ・メールアドレス ・お電話番号 ・Chatwork ID(現地担当者とのやり取りで使用します) ・御社の業種 ・御社の年間売上金額 ・ご希望法人名(例:MDS Hong Kong Limited) ※事前にご用意していただけますと、現地で登録できる社名かどうか現地担当者が確認いたします。もしご登録できない場合は、別の社名を早急にご提案させていただきます。 必要な情報を全て揃った状態でお問い合わせいただければ、3日営業日以内法人開設することが可能です。



【STEP2】お問い合わせ まずは【こちら】のフォームからお問い合わせください。 お申込み時の情報を元に国内担当より折り返し連絡いたします。 本格的に海外法人設立をご検討されている方には、日本語対応可能な現地担当者のChatwork IDをお伝えしますので、コンタクト追加してください。 Chatworkをまだご利用されていない方は、以下のリンクから新規アカウント作成をお願いいたします。 ■Chatwork新規登録 https://bit.ly/36NA4zT ■Chatwork新規登録の方法 https://bit.ly/2XCaRE3 ■Chatworkコンタクトの追加方法 https://bit.ly/2XzU58N

【STEP3】現地担当者と打ち合わせ 現地担当者とZoom等で打ち合わせやチャットで必要な情報共有を行い、海外での法人設立申請の準備を進めていきます。(ノミニー契約に関して、ご希望の場合は担当者に直接お申し付けください。) ※その際、以下の情報が必要となります。 ・パスポートのコピー ・住民証明書(一般的には国際免許書)

【STEP4】海外法人設立 法人設立は、現地担当者にオンライン上で必要な情報をお伝えしていただくだけで完了いたします。 お申込後、約3日程度で法人設立の手続きが完了します。(長い場合は、1週間程度頂戴しております。)

【STEP5】銀行口座開設申込 海外での法人設立完了後、海外法人


名義の銀行口座開設の準備を進めていきます。香港、シンガポールでの銀行口座開設に必要な書類等は、担当者から連絡させていただきます。

【STEP6】現地にて面談 銀行口座開設申込後、実際に現地に出向いていただき現地銀行担当者との面談が必要になります。その際、中国語または英語での簡単な会話が必要になります。(日本人の場合は、英語で面談いたします。) ※英会話スキルが必要になります。 渡航スケジュールや、面談をスムーズに行うためのノウハウに関しては担当者からお伝えいたします。しかし、全く英語や中国語が話せない場合、現地銀行員とのコミュニケーションが一切図れないため、銀行口座開設は非常に困難になります。 日本の中学校で学習するレベルの単語や文法を使った英会話スキルが必要になります。 ・銀行口座開設する理由 ・御社の業種、売上規模 などは英語で回答できる英会話スキルが必要になります。 ※ノミニー契約の場合は、現地に出向く必要はありません。

【STEP7】海外法人設立&銀行口座設立完了 面談が問題なく完了してから、1〜3ヶ月後に銀行口座開設が完了いたします。


205回の閲覧

竹花貴騎公式ページについて

当サイト、サービスの運営はシンガポール法人MDS社が行います。
その他コミュニティ管理については各コミュニティにて
定める規約をご確認ください。

© All right reserved by Lim Consulting,Inc. & 竹花財団

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon