【海外進出のメリットと税率】

最終更新: 11月6日

この記事では海外進出のメリットと税率について記載します。 ・海外進出のメリット

香港法人やシンガポール法人を設立することで得られるメリットは大きいため、多くの日系企業が進出しております。 メリットとして大きく以下2つが挙げられます。 ❶海外市場の開拓

世界中の企業様も香港やシンガポール法人を設立しております。 日本では、距離的なメリットから、海外法人へ拠点を置き、出張するのは一般的となっております。

❷税制面におけるメリット

最大のメリットは節税です。

各国の税率の詳細は以下の通りです。 法人税 ・日本約35% ・香港16.5% (最初の所得金額200万香港ドル約3000万円8.25%のみ、更に税理士の節税対策により5%以下することも可能です。) ・シンガポール17% (最初の所得金額SGD300,000約2300万円10%のみ、更に税理士の節税対策により5%以下することも可能です。) インカムゲイン税 ・日本20% ・香港0% ・シンガポール0% 相続税 ・日本50% ・香港0% ・シンガポール0% なお香港法人の懸念点としましては、国際政治問題の最中にある点です。 一方でシンガポールでは、現状はスムーズに対応できる点で、香港よりメリットを感じていただくお客様が増えております。 もちろん香港法人でできることは、シンガポール法人でも対応可能でございます。もし海外進出の主目的が海外市場開拓ではなく節税であれば、香港法人もシンガポール法人も大いに貢献ができます。

上記以外に、経済面で様々なメリットがございます。 大きなメリットがあるものの、複雑な手続きが多いため海外進出ができないお客様が多くいらっしゃいます。 弊社では複雑な手続きに関してサポートさせていただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせは【こちら



68回の閲覧

竹花貴騎公式ページについて

当サイト、サービスの運営はシンガポール法人MDS社が行います。
その他コミュニティ管理については各コミュニティにて
定める規約をご確認ください。

© All right reserved by Lim Consulting,Inc. & 竹花財団

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon